3周遅れのマイニング記録

2017年8月から始めたマイニングの記録です。昔はAndroidアプリを作成していたので混在していますがご容赦ください。

マイニング氷河期の採算性

time 2018/02/07

マイニング氷河期の採算性

昨年のNiceHash GOX騒動以降、1月中旬にかけてはマイニング(特にNiceHash)は採算がめちゃくちゃよくなりました。
そして現在、採算が急激に悪化し、マイニング氷河期(自称)に突入していると思います。
最近、採算割れが話題となってきていたので気になって少し計算してみたくなったので、昨年11月と今年1月の記憶と現在の状況について計算してみました。

※当時は今のGeforce 6GPU構成になっていなかったので、現在と同等だったとして計算します。

アルゴリズム:Equihash
6GPU => 2300sol/s => 約700W(システム含むワットチェッカーの値)

2017年11月頃  => 1150円/日前後(記憶)
2018年1月上旬 => 2300円/日以上(記憶)
2018年2月6日  => 1181円/日ぐらい(実測)

上記は電気代を考慮していないため、電気代を計算すると
700W × 24h × 24.9円/kWh / 1000 = 418.32円/日

2017年11月頃  => 1150円/日 – 418円/日 = 732円/日
2018年1月上旬 => 2300円/日 – 418円/日 = 1882円/日
2018年2月上旬 => 1181円/日 – 418円/日 = 763円/日

まだなんとか黒字で運用はできていることがわかりますが、残念ながら一時期に比べて採算性は急激に悪化しました。
Geforce系では今のところ大丈夫なようですが、一部のマイナー諸氏の間では、RADEONではすでに採算割れしているという声も聞こえてきます。
ファームの規模で運用しているマイナーの場合、電気代も安い契約をしているのでまだ耐えられるようですが、この12月から1月にかけて興味を持ち、始めたばかりの個人マイナーは相当きついと思います。
撤退を開始した人も多いようですが、一方で今始めたというマイナーも見受けられます。

私も6GPUしかない弱小マイナーではありますが、電気の契約変更と、ワットパフォーマンスの追求は昨年9月からずっと挑戦していたので、今すぐ採算割れすることはなさそうです。
追求知識と根気がないと今の状況は辛いかもしれませんね。

おまけ>
最後に、Geforceで採算割れするのはいくらかというと。
GTX1060 6Gの場合(OC設定済み)
・ハッシュレート:約300 sol/s
・消費電力:約90W
・電気代:53.784円
NiceHashで60円切り出したら赤信号ですね。
まだ大丈夫?



LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

おもちゃ

資産運用(ポジティブ)

2018年4月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Back to Top ↑