3周遅れのマイニング記録

2017年8月から始めたマイニングの記録です。昔はAndroidアプリを作成していたので混在していますがご容赦ください。

新しいPCがほしい今日この頃

time 2009/05/31

昨日の電気代でも書いたとおり、現在のPC構成ではニコニコ動画の新しいインターフェースで限界があります。
どうも見ていると再生中は他の動作を受け付けないほど重いようです。

そんなわけでストレスのないPCライフを実現するためにはどんな環境がいいのかを考えています。
ストレスのない環境という意味だけならCore2Duoでいいのですが、問題はサーバ環境をどこに持っていくかです。
サーバはVMWareのイメージですが、これをそのままもっていくとなるとやっぱりVistaを圧迫することになってしまいます。

そこで考えているのがVMWare ESXiです。
これはVMWare ESXのフリー版で機能縮小版(?)です。
どんな物かというと・・・(最近調べていなかったのでうろ覚えですが)。
通常のVMWare Server等の場合、ホストのOSが必要で例えばWindows上のVMWare Serverで動くLinuxという風になります。
ESXはそのホストOSの部分になる専用のOSといった物で、VMWareのイメージの管理のみを行います。
そのため、128Mほどのメモリーと1G以下の容量があれば起動ができるのです(たしか・・・)。
また、USBメモリーにインストールが可能なので、USBメモリーからの起動が可能なBIOSであれば、
HDD無しで起動ができます。
そして、NAS等のネットワークドライブ上にイメージを作成、管理することができるのです(たしか・・・)。

例えばCore2Quedとメモリー4Gぐらいをつんでいたとして、ホストをESXiを使用するとします。
ESXiはUSB起動としておけば、積んでいるHDDとメモリーをほぼ全て他のOSに当てることができます。
ここに、Vistaのイメージと現在のサーバを入れてしまえば現在のようなWindowsアップデートのたびにサーバも再起動、
といった問題も解決し、Vista自体の性能も圧迫しないのではと思われます。

っで、ここからが問題。。。

まずはハードウェアのこと。
ESXiがフリーだからなのかハードウェアを相当選びます、、、っといってもネットで調べたレベルでしかしりませんが。
まずネットワークカードがIntel製の何か(?)ではないとほぼだめらしいとか、いろいろあるようです。
ネットワークカードが認識できないとESXiのインストール自体ができないですし。。。

そしてもう一つ、クライアントが必要ということ。
まずESXiを管理するのがWEBであることから、WEBにアクセスできる環境が必要になるようです。
つまり、ホストのほかにアクセスする端末が必要になってしまうのです。
同様のことがESXiで管理するOSにも言えるのでしょうか。
つまりPCが複数台必要なのでしょう。
これでは家庭で使う上では省エネができないし、いいところでがあんまりありません。

ではこれにこだわる理由は、、、疲れたのでまた後日。。。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

おもちゃ

資産運用(ポジティブ)

2019年2月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
Back to Top ↑